HOME > はじめて検査を受ける方へ > PET検査とは > PET検査の原理

PET検査の原理

PET検査=ポジトロン断層法

PET機器

PET検査は、正式名を「陽電子(ポジトロン)放射断層撮影法」といい、Positron Emission Tomographyの頭文字をとってPET(ペット)と呼ばれます。
注射により体内に取り込んだ薬剤が、がん病巣に集積する状態を、PETカメラで撮影し画像化することで、がんを診断する方法です。

PET検査によるがん検出のしくみ

人間の体のすべての細胞は、エネルギー源として糖分を取り込みます。しかし、がん細胞は速いスピードで細胞分裂し増殖するため、通常の細胞に較べて多くの糖分を代謝します。この特長を利用して、がんを見つける検査法がPET検査です。
ブドウ糖を含む薬剤を注射により体内に取り込み、薬剤が集積した場所ががん細胞と疑われる仕組みです。増殖度の高いがんほど強く集積しますので、悪性度も判別することができます。

PET検査の流れ

まず、静脈注射により薬剤(FDG)を体内に取り込みます。薬剤には、主に2つの成分が含まれます。1つは、薬剤をがん細胞に集積させるための糖分(ブドウ糖)です。もう1つは、集積した状態をカメラで撮影できるようにするための成分(ポジトロン核種)です。

↓

薬剤が全身に行き渡るまで、1時間程度安静にします。この間活発に動いてしまいますと、その部位に薬剤が集積してしまいますので、安静にする必要があります。
薬剤(FDG)は、糖分として体内の細胞に取り込まれますが、がん細胞は増殖しているため通常の細胞の3倍〜8倍程度多く糖分を取り込みますので、がん細胞があった場合にはそこにFDGが集積します。悪性度の高いがんほど、強く集積します。

↓

PET検査装置のベッドに横になって、全身を一度に撮影します。FDGが集積している部分が光って映し出されます。
西台クリニックでは、PETとCTを同時に撮影する「PET/CT検査」を行っていますので、画像を補完して、より精度の高い診断が可能です。

PETとPET/CTの違い

↓

読影室
読影室

PET画像、およびCTと融合したPET/CTの画像を医師が読影し、がんを診断します。
この「読影」はとても重要であり、いくら精密に画像が撮影できても、読影する医師が画像を的確に読み取ってがんを判別できなければ意味がありません。
西台クリニックでは、読影実績の豊富な専門医が2名体制でダブルチェックを行い、可能な限り正確な診断を行っています。

使用する薬剤(FDG)について

PET検査では、FDGという薬剤を使用します。正式名を18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)といい、グルコース(ブドウ糖)とポジトロン核種を合成した薬剤です。

グルコース(ブドウ糖)は、がん細胞に集積しやすくするための成分です。
ポジトロン核種は、集積した状態をカメラで映し出すための成分で、体外から撮影できるように微量の放射線(γ線)を放出します。

放射線を出すということから、被爆の心配をされる方もいますが、PET検査による被爆量はごく僅かで、年間に受ける自然被爆と同程度ですので、健康への影響は殆どありません。
FDGの半減期(放射能が半分になるまでの時間)は110分と短く、約1日で完全に消失しますので、人体への影響を心配する必要はありません。
ただし、半減期が短いため、薬剤としての使用期限も短く、検査当日に作成する必要があります。そのため、ご予約を頂いたうえでの検査となります。

ご予約はこちらから PET検査割引特典 人気アクセスランキング
あなたに最適なコースは?

西台クリニック

院内待合室

〒175-0082
東京都板橋区高島平1-83-8

都営三田線 西台駅 徒歩1分

■一般の検査のお問い合わせ
050-3542-5807

■医療機関の方はこちら
03-5922-0702

地図
ページトップへ