HOME > はじめて検査を受ける方へ > PET検査とは > PETとPET/CTの違い

PETとPET/CTの違い

PET単独よりもさらに精密なPET/CT

PET検査は、小さながんを発見することができる優れた検査法です。しかし、PET検査はがん細胞の代謝機能を撮影する検査法であるため、PET検査単独では病巣の位置や形態を正確に読み取ることが難しいという弱点がありました。
その弱点を補うために、PETと同時にCT撮影を行う検査法が「PET/CT検査」です。
西台クリニックでは、この「PET/CT検査」を行っています。
PETで撮影した画像と、CTで撮影した画像を融合して診断します。PETとCTは同じ装置で同時に撮影しますので、別々に行うよりも正確な診断ができます。

PET/CTの特長

PET/CT検査のしくみ

PET/CTは、ひとつの装置でPETとCTを同時に撮影し、両方の画像を融合することで、がんの状態と位置を正確に診断します。

PET

PET機器

CT

PET/CTでは、上記のPET画像とCT画像を重ね合わせて融合させ、病巣部を機能面・形態面の両方で正確に診断します。

PET/CTの撮影画像

PET/CT

PET画像

がん細胞は糖分を多く取り込むため、注射した薬剤(FDG)ががん細胞に集まります。PETでそれを検出します。

CT画像

CTで病巣の位置や形状を正確に撮影します。

PET/CT画像

両方の画像を融合することで、がんの状態と位置を正確に知
ることができます。

ご予約はこちらから PET検査割引特典 人気アクセスランキング
あなたに最適なコースは?

西台クリニック

院内待合室

〒175-0082
東京都板橋区高島平1-83-8

都営三田線 西台駅 徒歩1分

■一般の検査のお問い合わせ
050-3542-5807

■医療機関の方はこちら
03-5922-0702

地図
ページトップへ